引出物で喜んでもらおう!ゲストの満足度を大きく左右

MENU

カタログ

相手の立場になって考える

カタログギフトは割引で利用できることがあります。手軽に贈り物を贈りたい時に役立つので、活用してみるといいでしょう。また、相手の立場になって考えることも大切です。誰もが喜んでくれるような品が載っているカタログを贈りましょう。

ギフト

通販を利用する時の特徴

結婚内祝いを考えた際に、悩んでしまうカップルも多いでしょう。そんな時に便利なのが結婚内祝い専門の通販ショップです。多くの品物を取り扱い、のしや名入れなどのサービスも受けられるのが特徴です。ランキング形式の人気度をチェックする事で簡単に選ばれている品物を把握する事が出来ます。

香典返し

香典のお返しに適する品物

香典返しはお悔やみ頂いた人達にお礼の気持ちを伝達するため贈ります。しっかりと気持ちを伝達するため失礼のないものを選出することが大切です。そのために、香典返しの品としてスタンダードとなっているものや回避したほうがよいものを理解することが重要です。

男性

モノではなく特別な体験を

特別な体験ができる体験ギフトは、彼氏への誕生日プレゼントにぴったりです。様々な種類があるため、彼氏の好みに合った体験を選べます。2人で一緒に体験することもでき、一生の思い出を作れるのは体験ギフトならではの特徴です。

女性

実用性を考慮して選ぶ

引出物は必要なものですが、選ぶのに苦労することもあります。誰もが使う一般的なものが良いとされますが、もらっても使わないものだと困ります。人気があるのが鰹節で、軽くて日持ちがしてそれなりに縁起もいい商品です。

満足してもらえるものを

プレゼント

贈りわけのコツ

引出物は結婚式に出席してくださったお礼に用意するものです。引出物はゲストの満足度を大きく左右するので、後悔しないよう慎重に選ばなければなりません。本来、引出物は全員同じものを用意するのが通例ですが、最近は贈り分けをすることが一般的です。友人、親族、会社関係の人ではそれぞれ用意するご祝儀の額が異なるため、ご祝儀にあわせて用意することが多いです。また、相手に喜んでもらうために細かく引出物を分けたいと考える人もいます。究極的には個別に用意するのが最も満足度を高くするのですが、そうすると式場側でも手間がかかりますし、渡し間違えのリスクも高くなるので、親族、会社関係の人、友人くらいで分けるのが多いです。引出物は地域にもよりますが、メインとなる引出物、引き菓子とよばれるお菓子、昆布や赤飯、鰹節、うどんなどといった縁起物の三つで構成されるのが基本です。この三つにさらに足す場合や、二つだけの場合もあります。地域差が大きいので、式場や家族に確認しておくとよいでしょう。それぞれ費用相場があるので、それを参考に選びます。近年は引出物といっても形に残るものでなくてもよいとされており、カタログギフトなどの自分で選べるギフトも非常に人気があります。ただ年配の方はカタログギフトを面倒に感じることも多いため、配慮するとよいでしょう。カタログギフト一つとっても、種類は様々なので、必ず中を見て確認してから決めるようにすべきです。